« 更新情報20051111:ongei :: blogをよろしく。 | トップページ | 音楽サロン──秘められた女性文化史 »

2005/11/11

ザ・パールズ・ビフォー・スワイン・エクスペリエンス(2005/11/11@スウェーデン大使館)

「北欧スウェーデンから“豚に真珠”」のキャッチフレーズに惹かれて、未体験の「北欧現代音楽」を聴きに行ってきました。
会場はスウェーデン大使館内オーディトリアム。大使館に入り、会場に至る前になんだかよくわからないアートっぽいものが展示され(というか無造作に置いてあり)、ウォッカ入りのジュースなどもふるまわれ、なんとも気持ちのよい空間がすでにしてできあがっておりました。
音楽もまたスウェーデンの空のように(って知らないけど)澄み切ったサウンド。ヴァイオリン、フルート、チェロ、ピアノの4人のアンサンブルも小気味よく、そしてなんといっても素晴らしいのは、「1曲5分以内」という彼らのポリシー。短い時間にさまざまな傾向の音楽を聴くことができるし、聴き手の集中力もとぎれない。気にいらない曲があっても、次の曲に期待できる(!)。
もうひとつ特筆すべきは、このコンサートの居心地のよさ。曲間がたくさんあるから、そのあいだに人が出たり入ったりするのだけれど、それがぜんぜん気にならない。曲中も「息を殺して」という雰囲気はまったくなし。むしろ絶妙なアンサンブルを堪能したいから、みんな耳を澄ませる。まことに気持ちのよい演奏会でした。
作品のなかでは、(どれもよかったけど1曲あげるなら)鶴見幸代さんの《社交ダンスのススメ 第1番》。シニカルでユーモラスで卑俗な魅力をもったダンス・ミュージックでした。……ていうか、あなたマザー・アースの売り子さんじゃなかったんですか?[genki]

◎追記
・……などと書いていたら、『TICKET CLASSIC』2005年12月号「作曲家名鑑ファイル」コーナーの「#001」(第1回ということ?)は鶴見幸代さんでありました。たいへんご活躍のようで……。失礼しました。
 鶴見幸代さんのホームページはコチラ

[2005/11/18]

|

« 更新情報20051111:ongei :: blogをよろしく。 | トップページ | 音楽サロン──秘められた女性文化史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/7044744

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・パールズ・ビフォー・スワイン・エクスペリエンス(2005/11/11@スウェーデン大使館):

« 更新情報20051111:ongei :: blogをよろしく。 | トップページ | 音楽サロン──秘められた女性文化史 »