« サリエーリ:第27回マルコ・ポーロ賞を受賞 | トップページ | 詩篇の音楽:重版決定! »

2005/11/15

テリー・ライリー+デイヴィッド・タネンバウム(2005/11/15@自由学園明日館講堂)

テリー・ライリーについては、「ニュー・エイジ・ミュージックの教祖」というくらいの予備知識しかなかったのですが、聴いてみてびっくり! サンタクロースみたいな白髭のおじいさんがニコニコ笑いながら出てきてピアノの前に座るやいなや、パワー全開のものすごいピアノを弾きはじめるんですから。パワフルおじいさんの音楽を聴いてノックアウトされたのは、ミシェル・ルグランの弾き語りを聴いて以来。
ミニマルふうのリフでごりごり押し通すところはまるでミシェル・ペトルチアーニのよう。全編いかにもアメリカ人的なオプティミスティックな音楽が聴けました。
共演のデイヴィッド・タネンバウムもほどよく泥臭い味のあるギターで、息のあったところをみせていました。
ただ、ドブロ・ギターみたいなので、純正調なのかなあ、耳慣れないチューニングで演奏した数曲は、小生にはよくわかんなかった……。[genki]

|

« サリエーリ:第27回マルコ・ポーロ賞を受賞 | トップページ | 詩篇の音楽:重版決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/7130627

この記事へのトラックバック一覧です: テリー・ライリー+デイヴィッド・タネンバウム(2005/11/15@自由学園明日館講堂):

» ライリーのオーラに触れる [山尾好奇堂]
ドアが開いて、写真では見慣れた白髭の顔が見えた途端、思わず拝んでしまった山尾です [続きを読む]

受信: 2006/01/16 00:11

« サリエーリ:第27回マルコ・ポーロ賞を受賞 | トップページ | 詩篇の音楽:重版決定! »