« 日本音紀行──音の風景をたずねて | トップページ | フェリス女学院大学公開講座「デジタル音楽の可能性」(2005/11/30@フェリス緑園キャンパス) »

2005/11/28

〈モーツァルト2006日本〉「オーケストラ・コンサートその1」(2005/11/28@紀尾井ホール)

モーツァルト/交響曲第1番 変ホ長調 K.16
       ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482 *
       交響曲第41番 ハ長調 《ジュピター》K.551
 前田二生[指揮]
 小川京子[ピアノ]*
 新東京室内オーケストラ

来年2006年はモーツァルト生誕250年。日本におけるモーツァルト学の「総本山」といえる海老澤敏氏肝いりのシリーズ第1回は、モーツァルトの最初と最後の交響曲の間に円熟期のピアノ協奏曲、第22番を挟む、という趣向。
最後の交響曲、第41番《ジュピター》の終楽章に現れる「ド‐レ‐ファ‐ミ」といういわゆる「ジュピター音形」が、じつは第1番交響曲の第2楽章にも現れる、という事実に心引かれ、そして古代ギリシアの哲人が音楽を分類して名づけた〈ムジカ・インストルメンタリス〉(楽器や歌が奏でる音楽)、〈ムジカ・フマナ〉(人間の魂がうたう音楽)、〈ムジカ・ムンダナ〉(宇宙の音楽)に、交響曲第1番、ピアノ協奏曲第22番、交響曲第41番がそれぞれ対応する、という海老澤氏の説にうなずきつつ、モーツァルト祝年のはじまりにふさわしいプログラムを楽しみました。
海老澤氏の考えによれば、モーツァルトは一般にいわれているように「夭折」ではない、ということですが、まったく納得してしまいます。運命の悲劇的結末によって、ひとりの天才の寿命が中途で断ち切られた、と考えるより、他の人間よりも濃密な時間を生き、人生を駆け抜けた天才が、その天寿を全うするまえに、《ジュピター》という比類ない音楽によって、天上界の高みをわれわれに垣間見せてくれた──そのように考えたほうが、モーツァルトの厳しいまでの純粋さを理解できるのではないかと思いました。[genki]

|

« 日本音紀行──音の風景をたずねて | トップページ | フェリス女学院大学公開講座「デジタル音楽の可能性」(2005/11/30@フェリス緑園キャンパス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/7365935

この記事へのトラックバック一覧です: 〈モーツァルト2006日本〉「オーケストラ・コンサートその1」(2005/11/28@紀尾井ホール):

« 日本音紀行──音の風景をたずねて | トップページ | フェリス女学院大学公開講座「デジタル音楽の可能性」(2005/11/30@フェリス緑園キャンパス) »