« クラシック・ジャパン「即評blog」 | トップページ | リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:重版決定! »

2005/12/15

プーシキン美術館展(@東京都美術館)

打ち合わせの時間を間違えて、とつぜん手持ちぶさたになったわたし。プーシキン美術館展を見てきました。
セザンヌ、ピカソ、ドガ、モネ……。すごいコレクションです。
ポスターにもとりあげられたマティス『金魚』。期待を超える素晴らしさでした。ひじょうに2次元的な画風ですが、あえて透視画法的な技法を排してこそ得られる、心理的な奥行き。マクルーハンふうにいえば、「触覚的」と表現できるでしょうか。
絵画の醍醐味は、いかに観る者の内的な想像(創造)力を活性化するか、でしょう。あらためて、芸術は精神のビタミン剤だ、と感じました。[genki]

|

« クラシック・ジャパン「即評blog」 | トップページ | リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:重版決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/7635130

この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術館展(@東京都美術館):

» プーシキン美術館展 [よっしーの散歩]
 宇都宮では、宇都宮市立美術館、栃木県立美術館があって、時々出掛けますが、地方 [続きを読む]

受信: 2005/12/20 18:08

« クラシック・ジャパン「即評blog」 | トップページ | リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:重版決定! »