« プーシキン美術館展(@東京都美術館) | トップページ | 社会運動から芸術へ:毛利嘉孝『文化=政治──グローバリゼーション時代の空間叛乱』 »

2005/12/19

リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:重版決定!

当blogのレギュラー・ライターでもある沼野雄司さんの初の単著『リゲティ、ベリオ、ブーレーズ──前衛の終焉と現代音楽のゆくえ』については、11/16に「重版ができない」と書いたばかりですが、このほど音楽之友社では「大英断」(?)がくだされ、めでたく重版が決定いたしました(パチパチ)。
「在庫僅少」どころか、枯渇していてプレミアがつきかねない状況ですので、これから大急ぎで重版の作業をして、1月中には、と思っております。11/16にも書いたように価格がどうなるか、ちょっと心配です。 でも、まずはよかったよかった。[genki]

◎追記
・下のリンク、現時点では「在庫切れ」になってますけど、とうぜんですね。しばしお待ちを。[2005/12/19]
・価格は「本体2,900円」に据え置きとなりました。よかった![2005/12/21]

|

« プーシキン美術館展(@東京都美術館) | トップページ | 社会運動から芸術へ:毛利嘉孝『文化=政治──グローバリゼーション時代の空間叛乱』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/7688418

この記事へのトラックバック一覧です: リゲティ、ベリオ、ブーレーズ:重版決定!:

« プーシキン美術館展(@東京都美術館) | トップページ | 社会運動から芸術へ:毛利嘉孝『文化=政治──グローバリゼーション時代の空間叛乱』 »