« 戸ノ下達也さんのコーナーが始まります! | トップページ | 新コーナー! 戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」001──合唱劇《冬のオペラ。大正二十五年の》の不思議な世界(2006/03/31) »

2006/04/03

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」005──ネーモー・コンチェルタート(2006/03/05)

ネーモー・コンチェルタート
 3月5日(日)14:50 大和市保健福祉センター

◎曲目:上を向いて歩こう/町一番の歯医者/コーヒールンバ/もてもてサラセン人/きれいなねぇちゃんよ

◎演奏:辻康介(Vo)、近藤治夫(バグパイプ、シャルモー等)、福島久雄(ギター)、鈴木広志(Sax、バスクラリネット)

* * *

 レポートが遅くなったが、先月「やまと子ども文芸大賞・発表大会」(つまり作文大賞発表会です)のアトラクションで、はじめて男4人の編成のネーモーを聴いた。
 今回はまず鈴木さんの多彩なバスクラリネット/サックスのサウンドが印象的で、それに近藤さんの必殺のバグパイプがからむ《上を向いて歩こう》(別名「スキヤキ・ソング」のあの歌です)のイントロや、いつもは太田さんの軽妙なリコーダーのソロ・パートが楽しい《町一番の歯医者》や《きれいなねぇちゃんよ》もまたひと味違って面白かった。
 《コーヒールンバ》や《もてもてサラセン人》では。福島さんのリズミックなギターが活躍、辻さんのヴォーカルは《サラセン人》あたりで全開・炸裂の感じで、伸び伸びとして気持ちがよい。辻トークのメンバー紹介も、作文にちなんだ話題で笑わせた。
 アトラクションとしてのミニ・ライヴなので、ステージも観客もいよいよノッてきたところで「あれ、もう終わり?」といった時間の短さだけが心残りだったが、全力投球のみごとなライヴだった。
 冒頭いきなりの《上を向いて歩こう》で(おそらく)あっけにとられていたみたいな場内も、曲が進むうちに自然と手拍子が出て盛り上がってきたことが、ネーモー・パワーのなによりの証拠。こうした機会に、またネーモー教の信者が増えんことを![白石和良]

|

« 戸ノ下達也さんのコーナーが始まります! | トップページ | 新コーナー! 戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」001──合唱劇《冬のオペラ。大正二十五年の》の不思議な世界(2006/03/31) »

コメント

白石さんの「追っかけぶり」に脱帽です。このようなところにも出没なさっているとは……。

辻さんのblogに、当日「大和市長賞」を受賞した子の親御さんのコメントがついていて、笑えました。

投稿: genki | 2006/04/03 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/9407818

この記事へのトラックバック一覧です: 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」005──ネーモー・コンチェルタート(2006/03/05):

« 戸ノ下達也さんのコーナーが始まります! | トップページ | 新コーナー! 戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」001──合唱劇《冬のオペラ。大正二十五年の》の不思議な世界(2006/03/31) »