« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」007──アントネッロ(2006/03/25) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」008──太田光子(2006/03/28) »

2006/04/08

桜の下のヘテロフォニー──増上寺御忌大会(2006/04/06)

上越教育大学の茂手木潔子先生に誘っていただいて、芝・増上寺へ。浄土宗開祖・法然上人の忌日法要である「御忌大会(ぎょきだいえ)」を見物。

Ts310128まず、野外での舞楽を観る。演目は《陵王》。きびきびとした舞が眼に心地よい。楽は、龍笛ソロからゆるやかに始まるが、途中かなりリズミックに高揚する。エンタテインメント性の高い曲だと感じた。

Ts310140そのあと、大門から本殿まで、木遣りを歌う集団(鳶の方々?)を先頭に、大名行列、僧侶、御詠歌をうたう女性信徒などが練り歩く「お練り行列」。途中、本殿の中から雅楽が聞こえ、入口付近で木遣り、その後ろで御詠歌(ひとりひとりの鈴の音も)が、同時に、かつてんでばらばらに鳴り響く状態となり、境内全体が期せずしてなんともいえないヘテロフォニー状態に。茂手木先生が称揚する日本音楽の醍醐味──めいめいが好き勝手にやっているけれども、全体として大調和が立ちあらわれる──そんな響きに酔いしれる。

Ts310142国立劇場のKさんのはからいで、特別に本殿に入れていただき、法要を拝観する。茂手木先生の隣で、聴きどころを教えていただきながらの、ぜいたくな体験。「グレゴリオ聖歌みたいでしょう。お稚児さんが導師に頭を触ってもらうところなんかも、キリスト教にそっくり」とのことばに納得。浄土宗の聲明は、かなり歌謡性の高いものであるらしい。豪華絢爛な内装、迫力のある聲明、雅楽、そして参列者全員で唱える「南無阿弥陀仏」の響き──コンサートホールではぜったいに味わえない、音楽の原初の姿をみたおもいがした。[木村 元]

|

« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」007──アントネッロ(2006/03/25) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」008──太田光子(2006/03/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/9461347

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の下のヘテロフォニー──増上寺御忌大会(2006/04/06):

» 越後上越高田の桜さくらサクラは今なんぶ咲き [越後上越から発信!噂のクチコミおすすめスポット!]
 このBlog見たらクリックお願い!人気Blogランキング  2006年4月9日 の   越後上越高田の桜さくらサクラは今なんぶ咲き  情報!   今日は雨のようです   せっかくの日曜日なのに(´・ω・`)ガッカリ・・・   高田城百万人観桜会の詳細はこちら... [続きを読む]

受信: 2006/04/09 10:48

« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」007──アントネッロ(2006/03/25) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」008──太田光子(2006/03/28) »