« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/22

高免信喜のCD、ライヴ情報

Tkmn ニュー・ジャージー在住のジャズ・ギタリスト、高免信喜(たかめん・のぶき)さんのグループが、このほどCDをリリース、そして日本ツアーをおこないます。

 CD『Bull's Blues』は6/21(水)、What's New Recordsより発売。全9曲すべてオリジナルだそうです。

 ライヴ・ツアーは6/29(木)山口から、博多、広島、鳥取、岡山、大阪、京都、岐阜、名古屋、金沢、山梨と来て、7/15(土)東京「Tokyo TUC」にてフィナーレ。

 1977年生まれ(まだ29歳! 若いなあ)でNYで活躍するジャズ・ギタリストというと、なんとなくアヴァンギャルドな感覚を想像されるかもしれませんが、素直でほんわかとした人柄そのままのあたたかなジャズを奏でてくれます(ホームページにサンプル音源あり)。ギターのテクニックも素晴らしいけれど、どちらかといえばコンポーザー気質? と勝手に判断してます。

 チャンスがあったら、ぜひ彼の音楽に触れてみてください。[genki]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

「古楽特派員テラニシ」007──「メンコン」初期稿を読み解く

Mendelssohn 不朽の名曲として知られる、フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1805〜47)作曲のヴァイオリン協奏曲ホ短調(Op.64)。この作品の初期稿を含む新校訂譜が独ベーレンライター社から発刊された(BA9050)。1844年の初期稿が出版譜のかたちで発表されるのは、今回がはじめてだ。同時に収録された決定稿を初期稿と比較してみると、名曲が名曲たるべき輝きを得るまでの過程がかいま見えて、たいへん興味深い。

続きを読む "「古楽特派員テラニシ」007──「メンコン」初期稿を読み解く"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/07

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」010──アントネッロ(2006/04/01)

◆ファンキー・ルネッサンス・ライヴVOL.9 「春一番!やっぱり生で聴きたいヘンデル リコーダー・ソナタ集」
 2006年4月1日(土)19:00 鷹羽スタジオ

◎曲目
 第1部 1.リコーダー・ソナタ ト短調 HWV360
     2.リコーダー・ソナタ イ短調 HWV362
     3.リコーダー・ソナタ ハ長調 HWV365
 第2部 4.リコーダー・ソナタ 変ロ長調 HWV377
     5.ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ 変ロ短調 HWV364b
     6.リコーダー・ソナタ 二短調 HWV367a

◎演奏
 アントネッロ:濱田芳通(リコーダー)
        石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
        西山まりえ(チェンバロ/バロック・ハープ)

続きを読む "白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」010──アントネッロ(2006/04/01)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

「古楽特派員テラニシ」006──トイ・ピアノの冒険

Artoftoypiano 「トイ・ピアノ(玩具のピアノ)の演奏を芸術にまで昇華した名盤」と評価されながらも、長らく廃盤となっていたアルバム『アート・オブ・トイ・ピアノ』(テルデック)が、限定盤ながら大手外資系CDチェーンのタワーレコードによって再プレスされ、静かな話題となっている(Amazon.co.jpでは現在、廃盤扱いとなっている)。演奏しているのは、フォルテピアノの名手として知られるメルヴィン・タンの実妹、マーガレット・レン・タン。郷愁を呼び起こす独特の音色や、その演奏の魅力とは──。トイ・ピアノの世界を覗いた。

続きを読む "「古楽特派員テラニシ」006──トイ・ピアノの冒険"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」009── タブラトゥーラ with SPECIAL GUESTS(2006/03/30)

◆お花見ライヴ2006 in 石響
 2006年3月30日(木)18:30 四谷・コア石響

◎演奏
 タブラトゥーラ with SPECIAL GUESTS
  タブラトゥーラ:つのだたかし(リュート、ラウタ、ウード)
          田崎瑞博(フィドル)
          江崎浩司(リコーダー、ショーム)
          近藤郁夫(パーカッション、ダルシマー)
          山崎まさし(ビウエラ)
  ゲスト:    波多野睦美(歌)
          アリエル・アッセルボーン(ギター、歌)
          早坂紗知(サックス)

◎曲目
 ・第1部 1.カルミナ・ブラーナ(13世紀ドイツ)
      2.コンパス(山崎まさし)
      3.花よりもなお(山崎まさし)
      4.紅い花(江崎浩司)
      5.桜ちるちる(田崎瑞博)
      6.ごわごわ(田崎瑞博)
      7.夜来る人(つのだたかし)
      8.ファティマ(つのだたかし)
      9.スカジャン(江崎浩司)
      10.トロキルス(江崎浩司)[演奏:タブラトゥーラ]
 ・第2部 11.小さな空[つのだたかし&波多野睦美]
      12.3月の歌[〃]
      13.花の街[〃]
      14.ブレノスアイレスのタンゴ[アリエル・アッセルボーン]
      15.アルゼンチンのサンバ[〃]
      16.ボレーノ(?)[〃]
      17.エル・ソンブレロ[タブラトゥーラ with 早坂紗知]
      18.忘却[〃]
      19.フラメンコ映画『ベンゴ』より[〃]
      (第2部の曲名は筆者の聞き書きによるものです)

続きを読む "白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」009── タブラトゥーラ with SPECIAL GUESTS(2006/03/30)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」003──始まりました「Tokyo Cantat 2006」

◆Tokyo Cantat 2006オープニング・コンサート「11の島からのメッセージ」
 2006年4月30日(日)15:00 すみだトリフォニーホール

◎出演
 司会:竹下景子
 演奏:豊中混声合唱団/豊中少年少女合唱団、
    淀川混声合唱団、ヴォーカルアンサンブル「EST」、
    立正大学グリークラブ+OB・OG、
    「モビールのように」をうたう会、
    コーロ・カロス、Ensemble PVD、酔狂、
    女声アンサンブル碧&きなりね 他
 指揮:西岡茂樹、伊東恵司、向井正雄、
    松村努、窪田卓、依田浩、松岡直記、
    栗山文昭、藤井宏樹、野本立人、片山みゆき

続きを読む "戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」003──始まりました「Tokyo Cantat 2006」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »