« 新連載! 片山杜秀的日常〈001〉──2006年6月15日(木) | トップページ | ロマン主義者シューマンのたくらみ──COmeT+中井正子(2006/06/20) »

2006/06/20

念仏の庶民性とは──国立劇場「念仏と題目──念仏」(2006/06/15)

060615_nembutsu◇国立劇場第26回特別企画公演「念仏と題目」
 2006年6月15日(木)18:30 国立劇場小劇場

◎演目
 狂言《悪太郎》
  シテ/悪太郎 茂山七五三(しめ)
  アド/伯父 茂山千五郎
  アド/出家 茂山千三郎
  後見 茂山正邦
 光明寺の十夜法要

 + + + + + + + + + +

 念仏を題材にした狂言《悪太郎》をマクラに、念仏法要を聴かせるという企画。日本人が心の深いところにもつ──信仰心といってしまうと大仰だが──敬いの気持ちのようなものが、あぶり出される、よい企画であった。

 《悪太郎》、千五郎もさすがによかったが、悪太郎を演ずる七五三の酔態、後段の掛け合いのリズム感、最後に僧に弟子入りする殊勝さ──どれをとっても特筆ものの演技であった。その振幅の大きさに、演技がバラバラになりそうなところを、説得力をもってまとめていたのは、「悪太郎の根のまじめさからくるおかしさ」がうまく表現されていたことによるものだろう。

 それにしても、狂言はやはりあの独特の京都訛りがいい。関東だったら、無声音にしたりはしょってしまったりするところを、律義に発音することで、もこもことしたユーモラスな抑揚がうまれる。なんともいえず律義で、それがたくまずして大袈裟で、おかしいのだ。

 十夜法要のほうは、文字どおり「鳴り物入り」の、けっこう華やかなものだった。出演した式衆は在家の人たちだそうだが、平均年齢おそらく30〜40台くらいだろうか、かなり若くて驚いた。仏教が「南無阿弥陀仏」という念仏とともに、庶民のなかに浸透していることの証左のようで、興味ぶかかった。[木村 元]

|

« 新連載! 片山杜秀的日常〈001〉──2006年6月15日(木) | トップページ | ロマン主義者シューマンのたくらみ──COmeT+中井正子(2006/06/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/10604211

この記事へのトラックバック一覧です: 念仏の庶民性とは──国立劇場「念仏と題目──念仏」(2006/06/15):

« 新連載! 片山杜秀的日常〈001〉──2006年6月15日(木) | トップページ | ロマン主義者シューマンのたくらみ──COmeT+中井正子(2006/06/20) »