« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/26

〈作曲家◎人と作品〉ブラームス

060626_brahms_1◇西原 稔[著]
 全書判・並製/288頁/装丁:久保和正
 定価1,47000円(本体1,400円+税)/ISBN4-276-22184-6
 2006年6月 音楽之友社刊

続きを読む "〈作曲家◎人と作品〉ブラームス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/22

「古楽特派員テラニシ」009──〈バッハフェスト・ライプツィヒ2006〉現地レポート

Bachfest01[写真1(←)ライプツィヒの象徴、バッハ像とトーマス教会。撮影:寺西肇]

 大作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハがカントル(教会楽長)として後半生を過ごし、その終焉の地ともなったドイツ東部の古都、ライプツィヒ。大作曲家ゆかりのこの街を舞台に、彼の作品の紹介と研究成果の発表を目的とした音楽祭「バッハフェスト・ライプツィヒ2006」が5月27日から6月5日まで10日間にわたって開かれた。同フェストは、世界各地で開かれているバッハにかんする音楽祭のなかでもとくに権威ある存在として知られているが、今回はなかなか名演にめぐまれず、少し寂しさの残る音楽祭となった。

続きを読む "「古楽特派員テラニシ」009──〈バッハフェスト・ライプツィヒ2006〉現地レポート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

ロマン主義者シューマンのたくらみ──COmeT+中井正子(2006/06/20)

060620_comet◇パフォーミング・エクスペリメント・シリーズIII/中井正子シューマン・シリーズIV
 2006年6月20日(火)19:00 津田ホール

◎曲目
 シェーンベルク/室内交響曲第1番 作品9
 シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
 シューベルト(ヴェーベルン編曲)/ドイツ舞曲
 シューマン/交響曲第2番 ハ短調 作品61

◎演奏
 指揮:小鍛冶邦隆
 ピアノ:中井正子
 東京現代音楽アンサンブルCOmeT

続きを読む "ロマン主義者シューマンのたくらみ──COmeT+中井正子(2006/06/20)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

念仏の庶民性とは──国立劇場「念仏と題目──念仏」(2006/06/15)

060615_nembutsu◇国立劇場第26回特別企画公演「念仏と題目」
 2006年6月15日(木)18:30 国立劇場小劇場

◎演目
 狂言《悪太郎》
  シテ/悪太郎 茂山七五三(しめ)
  アド/伯父 茂山千五郎
  アド/出家 茂山千三郎
  後見 茂山正邦
 光明寺の十夜法要

続きを読む "念仏の庶民性とは──国立劇場「念仏と題目──念仏」(2006/06/15)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/16

新連載! 片山杜秀的日常〈001〉──2006年6月15日(木)

2006/06/15 木曜日

●今日の起床
7:15

●今日の朝食
バナナ

●今日の書き物時間
8:00〜10:00
24:00〜

●今日の昼食
もりそば

●今日の面談
11:30〜12:30 Uさん
20:30〜21:30 木村元さん

●今日の劇場・コンサート
▼テアトル・エコー第130回公演「キメラの山荘」
 恵比寿エコー劇場
 開演14:00 終演16:05 途中休憩なし
 作/野田治彦
 演出/西川信廣
 出演/熊倉一雄、納谷悟朗、沖恂一郎、島美弥子、瀬能礼子、
 沢りつお、後藤敦、ほか
▼国立劇場第26回特別企画公演「念仏と題目〜念仏」
 国立劇場小劇場
 開演18:30 終演20:10 途中休憩なし
 ◎狂言「悪太郎」
  出演/茂山七五三、千五郎、千三郎、ほか
 ◎「光明寺の十夜法要」
  出演/浄土宗大本山光明寺僧侶、ほか

●今日の購入CD(composer/title/label)
△roger doyle/passades,etc/bvhaast
△beth Anderson/swales and angels/new world
△pousseur/crosses of crossed colors/sub rosa
△ernesto martinez/mutaciones/tzadik
△amm,etc/not necessarily English music/emf
△michel chion, etc/les 120 jours/fringes
△alessandro solbiati, lionel marchetti, etc/jeux pour.../la muse en circuit
△jacques lejeune/eloge de la betise/ina
△pauline oliveros/no mo, etc/pogus
△mark applebaum/catfish/tzadik
△leo kupper/complete electronic works/sub rosa
△kenneth gaburo/tape play/pogus
△wolpe/enactments/hat art
※全部新宿の中古店にて16:30〜18:00

●今日の読書
△福間良明/「反戦」のメディア史
△佐藤通次/身体論

●今日のCS録画
△映画「八月生れの女」(田中重雄監督)
△映画「すっとび仁義」(安田公義監督)
△映画「妖女の時代」(長崎俊一監督)
△映画「あなた買います」(小林正樹監督)
△映画「与太郎戦記・女は幾万ありとても」(弓削太郎監督)
△映画「うず潮」(斎藤武市監督)
△テレビドラマ「価格破壊」第3回
△テレビドラマ「薔薇海峡」第5回
△テレビドラマ単発「消えた日曜日」
△テレビドラマ「特別機動捜査隊」第119回
△同上 第120回
△テレビドラマ「新必殺仕舞人」第13回
△テレビドラマ「大江戸捜査網」第446回
△テレビドラマ「銭形平次」第190回
※ヴィデオテープでとっていたものもこのところはDVD-ROMにとりなおしているので日々そうとうに厄介。
[片山杜秀]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新連載「片山杜秀的日常」始まります!

 現代音楽からサブカルチャーまで、独自のスタンスで批評をおこなっている鬼才、片山杜秀さんがついに当blogに登場! 「片山杜秀的日常」と題して、その特異な、あまりにも特異な日常の一端を紹介してくれることとなりました。

 昨日、国立劇場の公演でひさしぶりに片山さんとお会いし、近況を聞いたところ、あまりに尋常ではなく、「とにかく、箇条書きでいいから、記録しておいたほうがいいですよ」とすすめたのが発端。怖いもの見たさもあるのですが……(笑)。

 とにかく、お楽しみに![genki]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/13

モーツァルトはオペラ──歌芝居としての魅力をさぐる

◇西本晃二[著]
 四六判・並製/256頁/装丁:宮内裕之
 定価2,100円(本体2,000円+税)/ISBN4-276-21082-8
 2006年5月 音楽之友社刊

続きを読む "モーツァルトはオペラ──歌芝居としての魅力をさぐる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/11

イギリス音楽の勁さとは──波多野睦美+野平一郎(2006/06/07)

Hatano_0607◆歌曲の変容シリーズ第2回「子守歌のおまじない〜ブリテン島からの響き」
 2006年6月7日(水)19:00 王子ホール

◎曲目
エリザベス朝の詩による歌曲
 ロジャー・クイルター/それは恋人たち(詩:ウィリアム・シェイクスピア)
 クイルター/もう泣かないで(不詳)
 ジェラルド・フィンジ/来たれ、死よ(シェイクスピア)
 アイヴァ・ガーニー/眠り(ジョン・フレッチャー)
 チャールズ・V. スタンフォード/オレが小さなガキの頃(シェイクスピア)
エドワード・エルガー 歌曲集《海の絵画》より
 海の子守歌(ローデン・ノエル)
 入り江にて(キャロライン・アリス・エルガー)
 珊瑚礁のある場所に(リチャード・ガーネット)
さまざまな詩人たち
 レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ/屋根の上の空
  (ポール・ヴェルレーヌ/メイベル・ディアメア訳)
 ヴォーン=ウィリアムズ/沈黙の真昼(ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ)
 アームストロング・ギブズ/5つの目(ウォルター・デ・ラ・メア)
 クイルター/愛の哲学(パーシー・ビシュ・シェリー)

ピーター・ウォーロックの歌曲
 子守歌(ジョン・フィリップ)
 眠り(フレッチャー)
 ライ麦が育つ頃(ジョージ・ピール)
 ロビンはよい男(不詳)
ウィリアム・ウォルトン 歌曲集《3つの歌》(イーディス・シットウェル)
 ダフネ
 金メッキの格子を透かして
 老フォーク卿
ベンジャミン・ブリテン 歌曲集《子守歌のおまじない》
 子守歌(ウィリアム・ブレイク)
 ハイランドの子守歌(ロバート・バーンズ)
 セフェスティアの子守歌(ロバート・グリーン)
 おまじない(トマス・ランドルフ)
 乳母の歌(フィリップ)

◎演奏
 波多野睦美(メゾ・ソプラノ)
 野平一郎(ピアノ)

続きを読む "イギリス音楽の勁さとは──波多野睦美+野平一郎(2006/06/07)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

「古楽特派員テラニシ」008──古き良きドイツの誘惑〜ラーベ+パラスト・オーケストラ(2006/05/14)

Raabe 1920〜30年代のドイツのキャバレーで夜な夜な演奏されていた楽曲のかずかずを現代に蘇らせた歌手、マックス・ラーベと、彼が組織したパラスト・オーケストラがこのほど初来日した。優雅で繊細なサウンドや歌声は、はじめて聴くのになぜか懐かしい。「いまベルリンでもっとも注目される歌手」ともいわれるラーベに聞いた。

[写真1:マックス・ラーベとパラスト・オーケストラのステージ。2006年5月14日、兵庫県立芸術文化センターにて]

続きを読む "「古楽特派員テラニシ」008──古き良きドイツの誘惑〜ラーベ+パラスト・オーケストラ(2006/05/14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

onblo talk series 01「現代音楽はおもしろい!」その16──音楽とアイディアについて〈その5〉

 木村です。谷口さんにご投稿いただいてから、はや1カ月半ほど経ってしまいました。

 いや、別にずっと考えこんでいたわけではなく、ここのところ公私ともに気ぜわしく、余裕がなかっただけなんですが……。

 そんなわけで、今回の投稿も、どっちかというとお茶をにごすていどのもので、すみません、さきに謝っておきます。

続きを読む "onblo talk series 01「現代音楽はおもしろい!」その16──音楽とアイディアについて〈その5〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »