« 「古楽特派員テラニシ」009──〈バッハフェスト・ライプツィヒ2006〉現地レポート | トップページ | 片山杜秀的日常〈002〉──2006年7月1日(土) »

2006/06/26

〈作曲家◎人と作品〉ブラームス

060626_brahms_1◇西原 稔[著]
 全書判・並製/288頁/装丁:久保和正
 定価1,47000円(本体1,400円+税)/ISBN4-276-22184-6
 2006年6月 音楽之友社刊

 + + + + + + + + + +


 今年5月から第2期12巻の刊行が開始された「作曲家◎人と作品」シリーズ。5月刊行の根岸一美著『ブルックナー』につづいての第2回配本です。当シリーズはこのあと、少しペースを落とし、3カ月ごとの刊行の予定。

 ブラームスの伝記は数多いが、本書は西原氏一流の「時代や社会から音楽を見る」スタンスに貫かれたこれまでにないもの。かといって、作曲家の価値をへんに相対化することなく、敬意と愛情にあふれた筆致でつづられます。とくに作品論が充実。「もういちど聴きなおしてみよう」と思うこと請け合いです。[genki]

▼西原稔『ブラームス』(by Amazon.co.jp)

▼〈作曲家◎人と作品〉シリーズ(by Amazon.co.jp)

▼西原稔の本(by Amazon.co.jp)

|

« 「古楽特派員テラニシ」009──〈バッハフェスト・ライプツィヒ2006〉現地レポート | トップページ | 片山杜秀的日常〈002〉──2006年7月1日(土) »

コメント

『レコード芸術』2006年9月号にて、紹介していただきました。

投稿: ■書評など | 2006/08/22 19:03

『音楽の友』2006年9月号にて、山野雄大さんが紹介してくださいました。

投稿: ■書評など | 2006/08/22 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/10684845

この記事へのトラックバック一覧です: 〈作曲家◎人と作品〉ブラームス:

« 「古楽特派員テラニシ」009──〈バッハフェスト・ライプツィヒ2006〉現地レポート | トップページ | 片山杜秀的日常〈002〉──2006年7月1日(土) »