« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」012──トロヴァトーリ・レヴァンティ(2006/07/16) | トップページ | イタリア・オペラ史 »

2006/07/25

片山杜秀的日常〈003〉──2006年7月22日(土)

2006/07/22 土曜日

●今日の起床
9:00

●今日の劇場・コンサート
▼演劇集団円公演「ファウスト」
 紀伊国屋ホール
 開演14:00 終演16:45
 原作/ゲーテ
 脚本/石塚千明
 演出/平光琢也
 音楽/中川孝
 出演/橋爪功(ファウスト)、吉見一豊(メフィスト)、高橋理恵子(マルガレーテ)、高林由紀子(ヘレナ)、ほか
※今様ファウストもいいが、橋爪にはそろそろ古典劇をやって欲しい。
▼新国立劇場/演劇「夢の痂」
 新国立劇場小劇場
 開演18:30 終演20:40 途中休憩なし
 作/井上ひさし
 演出/栗山民也
 音楽/宇野誠一郎、久米大作
 出演/角野卓造、三田和代、犬塚弘、キムラ緑子、熊谷真実、藤谷美紀、石田圭祐、高橋克実、福本伸一
※元気な犬塚を見られて何より。後半、角野の元大本営参謀が狂気して昭和天皇になりきっての長丁場は、「仮名手本忠臣蔵」の「判官切腹の場」を思い出させた。そのくらい静かに張り詰めていたのである。

●今日の購入CD(composer/title/label)
△lutoslawski/derwid/ap
△mozart-zemlinsky/die zauberfloete for four hands/avi-music
△cerha/violin concerto,etc/col legno
△hameenniemi/symphony3,viola concerto/alba
△wolfgang rihm/sq10&12/col legno

●今日の到着古書(昨日、神保町の古書市等にて購入)
△植田壽蔵/芸術哲学/改造社.1924
△小酒井不木全集第7巻「医談女談」/改造社.1929
△同上第11巻「三面座談及タナプトシス」/改造社.1930
△同上第12巻「文学随筆及書簡」/改造社.1930
△「実業之日本」1931年10月号「オール金儲け実話号」
△宇原義豊/産業刷新の理論と実際/マネジメント社.1932
△阿部眞之助/現代世相読本/東京日日新聞社.1937
△樫田十次郎/新しい脳の誕生/実業之日本社.1937
△高嶋辰彦/日本百年戦争宣言/戦争文化研究所=世界創造社.1939
△桐原葆見/労働と青年/科学主義工業社.1940
△ブノア・メシャン(井上勇訳)/四十年の収穫/青木書店.1940
△後藤末雄/乾隆帝伝/生活社.1942
△本荘可宗/日本文化読本/淡海堂出版.1943
△パウル・ベッカー(武川寛海訳)/ドイツの音楽生活・社会篇/楽苑社.1943
△谷川徹三/文化論/金文堂出版部.1947
△植田壽蔵/美をきはめるもの/弘文堂.1947
△植田壽蔵/美の批判/弘文堂.1948
△谷川徹三/東と西との間の日本/岩波新書.1958
△大野盛雄/アフガニスタンの農村から/岩波新書.1971
△演劇雑誌「東宝」1973年7.8.9.11月号及び1974年1.2月号
△レオ・バレット(奥山秀美訳)/レムブラントとスピノザ/法政大学出版局.1978
△富安風生・阿波野青畝集/朝日文庫.1984
△中村汀女・星野立子集/朝日文庫.1985
△ブルーノ(土門多実子訳)/原因、原理、一者について/近代文藝社.1995
△瀬戸一夫/時間の民族史/勁草書房.2003
△安良岡康作訳注/正法眼蔵・行持(上下二巻)※跋文-安良岡章夫/講談社学術文
庫.2003

●今日の読書
△神作浜吉/まつり

●今日のCSリアルタイム視聴
△午前及び深夜にCNN
※中東発第3次大戦勃発の可能性について言及多し。

●今日のCS録画
△テレビドラマ「GO!GOスカイヤー」第1回
※上旬中旬にまめに録画すると、そこまでで「今月の番組」はかなりとりおえるので、下旬の、しかも帯番組も少ない土曜日は、たいていのどかである。
[片山杜秀]

|

« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」012──トロヴァトーリ・レヴァンティ(2006/07/16) | トップページ | イタリア・オペラ史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/11080171

この記事へのトラックバック一覧です: 片山杜秀的日常〈003〉──2006年7月22日(土):

« 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」012──トロヴァトーリ・レヴァンティ(2006/07/16) | トップページ | イタリア・オペラ史 »