« ディズニーの見ていた「敵」/罠を見破れ──『マトリックス』3部作 | トップページ | 「古楽特派員テラニシ」012──大バッハ最古の楽譜 »

2006/10/02

間宮芳生の音楽(2006/09/30)

Mamiya060930_1 ◆Voice 現代日本の作曲家と出会う・第1回「間宮芳生の音楽」
 2006年9月30日(土)18:00 トーキョーワンダーサイト渋谷

◎プログラム/出演・演奏
[第1部]
 対談「古くて新しい言葉と音楽の出会い」
  間宮芳生×原田敬子(司会:岡部真一郎)
 プレゼンテーション「間宮芳生、自作を語る」
[第2部]コンサート
 間宮芳生/ユメタガイ・ナナグラテンチ・ツガイダン(1993)
  首藤玲奈(sop)、佐久間聡一(vn)、洪鐘善(pf)
 森下周子/third──based on“die aschanti”, written by R. M. Rilke(2006)
  首藤玲奈(sop)、佐久間聡一(vn)、洪鐘善(pf)
 ジョルジィ・クルターグ/カフカ断章 作品24(1986)より
  吉川真澄(sop)、蓑田真理(vn)
 クルターグ/7つの歌 作品22(1981)
  吉川真澄(sop)、鷹羽弘晃(pf)
 間宮芳生/声、ヴァイオリン、ピアノのための セレナードII(1986)
  津島裕子(声)、蓑田真理(vn)、田中やよい(pf)

 + + + + + + + + + +

 トーキョーワンダーサイトが「若手音楽家支援プログラム」としておこなっているコンサート/ワークショップの新シリーズ第1回は、同時代音楽塾の企画・主催になる間宮芳生を迎えてのトーク+コンサート。18:00に始まり、終演は21:30を超える、「濃い」内容だった。

 間宮氏といえば、やはり代表作《合唱のためのコンポジション》のシリーズが頭に浮かぶ。大学時代に同シリーズの《第3番》(1963、男声ア・カペラ)を歌ったことがあるが、氏のトレードマークといえる民謡をもとにした土俗性に、ひじょうに知的で洗練された構築性が、バランスよく同居しているのが印象的だった。ひとことでいって「クール」なのだ。この夜、第1部の対談のなかで、氏が「西洋のルネサンスのポリフォニーに大きな影響をうけた」と語るのを聴いて、その理由がつかめた気がした。

 本日の収穫は、間宮氏の未聴の作品を聴けたことはもちろんだが、氏と親交のあるハンガリーの作曲家クルターグの作品を知ったことが特筆される。

 とくに、ほんらいツィンバロンにあてられたパートをピアノ(鷹羽弘晃)で演奏した《7つの歌》に、音響の美しさ、切り詰められた表現の厳しさを感じた。西洋音楽がバロック時代以降たどったのとは逆の方向をもった〈洗練〉。むしろ日本人の感性に、より直接的にうったえるものではないだろうか。[木村 元]

▼間宮芳生『現代音楽の冒険』(岩波新書)(by Amazon.co.jp)

▼間宮芳生のCD(by Amazon.co.jp)

|

« ディズニーの見ていた「敵」/罠を見破れ──『マトリックス』3部作 | トップページ | 「古楽特派員テラニシ」012──大バッハ最古の楽譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/12123314

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮芳生の音楽(2006/09/30):

« ディズニーの見ていた「敵」/罠を見破れ──『マトリックス』3部作 | トップページ | 「古楽特派員テラニシ」012──大バッハ最古の楽譜 »