« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/17

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」024──ラ・ヴォーチェ・オルフィカ[2008/02/29|東京カテドラル聖マリア大聖堂]

080229lavoce◆ラ・ヴォーチェ・オルフィカ第23回定期公演「スペイン音楽の500年」
 2008年2月29日(金)19:00 東京カテドラル聖マリア大聖堂

◎音楽監督、指揮、コルネット&リコーダー:濱田芳通

◎演奏
 アントネッロ:春日保人(バリトン)
        藤沢エリカ(ソプラノ)
        石川かおり(フィーデル、ヴィオラ・ダ・ガンバ)
        西山まりえ(歌、オルガネット、アーリー・ハープ)
        矢野薫(オルガン、プサルテリー)
        中村孝志(スライド・トランペット)
        わだみつひろ(パーカッション)
 ラ・ヴォーチェ・オルフィカ(合唱)

◎曲目:[プログラム資料をもとに筆者の責で一部を変更したものです。第2部ではこのほか器楽曲も演奏されました]
[第1部]
 1.聖母マリアのカンティガ集〜アルフォンソ10世(1221−1284)
  ・序「詩を作り歌うとは」
  ・詩を作り歌います
  ・薔薇の中の薔薇
  ・聖処女を信頼する者は誰でも
  ・その大変な美しさゆえに
  ・喜びよ、喜びよ
 2.モンセラートの朱い本(13〜14世紀)
  ・おお、輝かしい乙女よ
  ・輝く星
  ・声を合わせて歌おう
  ・乙女にして母なるマリアさまを
  ・死に近づく者達は
[第2部]
 1.こんなにも長いこの夜々:作曲者不詳(カラブリア公家の歌曲集:1556)
 2.リウ・リウ・リウ:作曲者不詳(カラブリア公家の歌曲集:1556)
 3.アヴェ・マリア:フランシスコ・ゲレーロ(1527−1599)
 4.おお、主イエス・キリストよ:フランシスコ・ゲレーロ(1527−1599)
 5.わがハープは哀しみの調べにかわり:アロンソ・ロボ(1555−1617)
 6.あまたの裏切りにさいなまれた心の高みから:ファン・ブラス・デ・カストロ(1561−1631)
 7.キリスト誕生のカチュア:作曲者不詳(マルティネス・コンパニョン写本:1713)

[おことわり]

時間的な都合で3月〜4月前半に書けなかった重要なコンサートやライヴについて、これから順次できるだけ書いていきたいと思います。そこでまずは2月末におこなわれたこの記念碑的なコンサートについて。なお以下の記述は当日のメモなどをもとに書きましたが、各曲の楽器やソロ奏者名などにもしも記憶違いがあればお許しください。

続きを読む "白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」024──ラ・ヴォーチェ・オルフィカ[2008/02/29|東京カテドラル聖マリア大聖堂]"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

[日誌]ファイル復元、チェロを奏く象

1冊、ほぼ組み上げてから刊行のタイミングをみていた書籍があるのだが、そのファイルを確認しようと思ったら、ファイルがまるごと、ない……! あちゃー、このまえHDを整理したときにまちがって消しちゃったらしい。バックアップはとるように心がけてるんだが、自分の手で消してるんだから意味レス。

というわけで日曜日の夕方から、あの手この手で「ファイル復元」にトライ。けっきょくは「ファイルサルベージ6」をダウンロード購入して、なんとか問題の本のファイルを3つ救出。こんなもんかあ、と力が抜けるが、とにもかくにもあるとないとでは大違いなので、まあよかったとしなきゃ。オープンソースのフリーウェア「PhotoRec」も使ってみたけど、大量にファイルを拾い出してきてくれるのだが、ほとんどが壊れていて開けなかった。

続きを読む "[日誌]ファイル復元、チェロを奏く象"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」023──武久源造ほか[2008/04/08|百観音明治寺]

◆第14回 花まつりコンサート「チェンバロのまわりでパートII」
 2008年4月8日(火)百観音明治寺

◎出演:武久源造(チェンバロ)
    大西律子(ヴァイオリン)
    十代田光子(チェロ)
    飯塚直子(リコーダー,パーカッション)

◎曲目[配布資料をもとに筆者の責で加筆・修正したものです]
[第1部]
 1.カステッロ:ソナタ第1番(ヴァイオリンと通奏低音+パーカッション)
 2.カステッロ:ソナタ第2番(リコーダーと通奏低音)
 3.バード:パヴァーナとガリアルダ(チェンバロ・ソロ)
 4.スヴェーリンク:「我ラインに漕ぎ出し」による変奏曲(チェンバロ・ソロ)
 5.ディヴィジョン〜グリーン・スリーヴスのテーマほか
[第2部]
 6.ルイ・クープラン:組曲 ホ短調(チェンバロ・ソロ)
 7.ヴェラチーニ:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 作品2〜第4(ヴァイオリンと通奏低音+パーカッション)
 8.テレマン:トリオ・ソナタ イ短調(リコーダー,ヴァイオリンと通奏低音)
[アンコール]
 武久源造:ランドフォール(LANDFALL) (チェンバロ,ヴァイオリン,チェロ,パーカッション)

続きを読む "白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」023──武久源造ほか[2008/04/08|百観音明治寺]"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

[日誌]『魂のゆくえ』、ARTES*Web連載開始

片山杜秀さんの第2弾『音盤博物誌』、ようやく目鼻がついてきた。これから索引の作業。『レコ芸』の連載を順番も含めてそのまんままとめるという、ある意味「芸のない」編集方針であるだけに、組版などの編集のていねいさと索引の充実が、単行本化においての「付加価値」となる。前作では山崎浩太郎さんがそのことを評価してくださったので、今回も気合いが入る。

続きを読む "[日誌]『魂のゆくえ』、ARTES*Web連載開始"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/05

[日誌]アルテス1周年

Envelope朝、太陽印刷から荷物が届く。アルテスの封筒一式。ようやく自前のロゴ&住所入り封筒が完成したわけ。そういえば、今日(4/5)はアルテス創立記念日ではないか! いや、めでたい。みなさん、応援してくださって、どうもありがとう。今年はどんどん本出しますからね。覚悟、じゃなくて更なるご支援、ご鞭撻をどうぞよろしくお願いします!

続きを読む "[日誌]アルテス1周年"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/04/04

[日誌]『星の王子さま』は大人にもやさしい

山本訓久さんの指揮法の本の校正が出はじめた。版元ドットコムでもお世話になってるスタイルノートさんに楽譜浄書と組版を頼んでいるのだが、校正はPDFでもらう。それをプリントして朱入れしたものをまたスキャンしてPDFにし、著者にメールで送る。はじめて試した方法だが、なかなか効率的。

続きを読む "[日誌]『星の王子さま』は大人にもやさしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」008|びわ湖には恐るべき河童たちがいた!

 びわ湖ホール声楽アンサンブルが、畑中良輔の指揮で東京での初公演「びわ湖からの春のおくりもの」を開催した(3月31日)。年度末の月曜という、私のような企業に勤める者にとっては最悪の日程にもかかわらず、紀尾井ホールに期待と不安をもって駆けつけた筆者にとって、ひじょうに思い出に残る、ほんとうに「おくりもの」をいただいたような演奏会となった。

 ますその多彩なプログラムが絶妙なバランスで構成されていたこと、ハイ・レヴェルな演奏技術の基礎があって、そのうえにさらに「音楽」が存在していたこと、そしてなにより日本語をうたう、日本の声楽集団であったこと──びわ湖ホール声楽アンサンブルの東京凱旋公演は、この3つの意味で大成功であったと思う。ソリストの集まりともいえるびわ湖ホール声楽アンサンブルの16名は、それぞれキャリアのある歌い手の集団で演奏技術が「高い」ことは至極当然ではあるが、個々の技術が高い歌い手が集まれば、すなわち素晴らしい合唱が生れるとはかぎらない。私自身これまでにもいくつも「ソリストの歌あわせ」のような場面に遭遇し失望した経験があるが、びわ湖ホール声楽アンサンブルの合唱は、まさにアンサンブルの極意であった。演奏者自身が、アンサンブルを楽しみながら「言葉」を歌う、合唱の真髄を見せ、聴かせてくれた。

続きを読む "戸ノ下達也の「近代ニッポン音楽雑記」008|びわ湖には恐るべき河童たちがいた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

[日誌]他人の曲に詞をつけるということ

桜をちらちらと横目に見ながら、都内へ。デザイナーの下川さんと片山杜秀さんの第2弾の装丁の打ち合わせ。こんどは付録付きです。ご期待を!

続きを読む "[日誌]他人の曲に詞をつけるということ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

[日誌]海老澤先生のパーティ、今村友子+寺神戸亮+多井智紀ライヴ

◎3/29(土)

夕方から溜池山王へ。海老澤敏先生の平成19年度文化功労者顕彰記念パーティ(ホテルオークラ)。

こんなに広い宴会場に入ったのははじめて。出席者は200人は超えていたと思う。あっちにも、こっちにもよく見かけるお顔が。海老澤先生にご挨拶しようと思っても、先生が会場に降りてこられるとすぐに「ご挨拶」の長蛇の列ができてしまうのであきらめて、ほかの方々とお話をする。音楽の演奏もあった。林美智子さんのケルビーノがとてもよかった。

湯浅譲二さんがいらっしゃったので、先日の個展が素晴らしかったというと、「作品を作った当時は理解してもらえなかったが、いまの若い人たちの感性でほんとうによくとらえてもらえた」と喜んでおられた。まさに「時代が追いついた」ということか。

080329ebisawa海老澤先生からの「お土産」は、最新刊『モーツァルトの廻廊』(春秋社)とCD『小川京子/二つのモーツァルト』(日本モーツァルト研究所)。前者はながらく音楽之友社から出ていた「私のモーツァルト・クロニクル」シリーズの最新刊。2006年=モーツァルト生誕250年の狂騒を、そのただなかで静かに見つめた海老澤先生の視座を、春秋社の高梨さん、黒田さんがたしかなかたちにしている。「廻廊」というタイトルがいい。後者はやはりモーツァルト生誕250年の祝年に日本モーツァルト研究所がおこなったシリーズ演奏会のなかから、奥様の小川京子さんがピアノを弾いた2曲──ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K482(前田二生指揮新東京室内オーケストラ)とクレメンティが編曲した交響曲第40番ト短調K550の室内楽版(神田寛明[fl]、堀正文[vn]、藤森亮一[vc])──を収録。どちらの演奏会もじっさいに聴いているが、後者については格別な印象をもっているので、もういちど聴けてうれしい(その日の感想は以前のエントリで書いたので、そちらを参照)。

海老澤先生とパーティの最後にようやくご挨拶。「なにか横文字の出版社をつくられて、ご活躍とか……」──独特のやわらかなユーモアは健在。1冊、作りかけで止まっている本があって、気になっている。なんとかしたいものだ。

続きを読む "[日誌]海老澤先生のパーティ、今村友子+寺神戸亮+多井智紀ライヴ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/01

[告知]奏楽堂の響き2

080427sougakudouスリーシェルズの西耕一さんから、「奏楽堂の響き2」のご案内が届きました。ぼくもチラシを見て、「行かねば!」と心沸き立ったのですが、残念ながらアルテス主催イヴェントと重なってしまい、断念。ご都合のつく方はぜひ!(以下、西さんからいただいたご案内をそのまま貼り付けます)。

続きを読む "[告知]奏楽堂の響き2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »