« 古楽特派員テラニシ016|バッハフェスト2009(ライプツィヒ) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」044──アントネッロ[2009/09/05] »

2009/08/24

白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」043──親鸞ズ[2009/08/14]

◆親鸞ズ PRESENTS 古楽コンサート
2009年8月14日(金)19:00 東京・三軒茶屋:GRAPE FRUIT MOON

◎出演(順不同)
 武久源造(ピアノ、キーボード、トイ・ピアノ、イタリアン・ヴァージナル、歌ほか)
 ダ・ネーモー:
  辻康介(ヴォーカル、パーカッション)
  近藤治夫(バグパイプ、クルムホルンほか各種古楽器)
  福島久雄(アコースティック・ギター)
  立岩潤三(ダルブッカ、カホーンほか各種パーカッション)
 リズム・アンド・バロック:
  飯塚直子(リコーダー、ダルブッカほか各種パーカッション、歌)
  寺村朋子(イタリアン・ヴァージナル、歌)

◎使用楽器
 ピアノ:
  ニーマイヤー(カナダ):アップライト型
  イタリアン・ヴァージナル:久保田(日本)
  キーボード:カシオ Privia

◎曲目
 [ステージ0]:親鸞ズ(全員)
   カーサ・ロサーダ(近藤治夫)
 [ステージ1]:リズム・アンド・バロック with 武久源造
   1.スパニョレッタ
   2.フォリア(A.コレッリ)
   3.ソナタ(D.カステッロ)
   4.ルーマニア民族舞踊組曲(B. バルトーク)よりの4曲
   5.キュピ(J.-P. ラモー)
   6.チューニング・ソング[リズム・アンド・バロック]
   7.グリーン・スリーヴス
   8.ハッピー・バースディ
 [ステージ2]:ダ・ネーモー with 武久源造
   1.帰れソレントへ
   2.カーサ・ドール(近藤治夫)
   3.もてもてサラセン人
   4.ギター・ソロ〜人生のパッサカリア
   5.お坊さん(作曲:辻康介)
   6.カーサ・ヴェルデ(近藤治夫)
   7.恋人はトルコ人(C. モンテヴェルディ)
   8.きれいなねえちゃんよ(V. カレスターニ)
 [ステージ3]:武久源造 with 福島久雄・立岩潤三
   1.涙のパヴァーヌ(J. ダウランド)
   2.即興曲(F. シューベルト)[以上武久ソロ]
   3.[3人によるセッション]
 [ステージ4]:親鸞ズ[全員]
   1.ファイティング・ホワイト・ストーン(武久源造)
   2.マザー・グースより:ピーター、ピーター、かぼちゃが大好き
     (作曲:武久源造、以下同)
   3.マザー・グースより:チック・タック・ボーン
   4.マザー・グースより:あつあつの好きなひと
   5.マザー・グースより:大事な大事な6ペンス
   6.マザー・グースより:なんにも持たない婆さんのうた
   7.奴らの足音のバラード
   8.マザー・グースより:そうできるならそうしたい
   9.チック・タック・ボーン[アンコール]
    〜流れ(福島久雄)
    〜カーサ・ロサーダ(近藤治夫)
  ※曲名は筆者の聞き書きです。

 + + + + + + + + + +

 筆者は古楽アーティストたちの既成の概念や因習などにとらわれない自由な反骨精神こそを溺愛して、年じゅうコンサート通いをしているが、この点でまさにきわめつけのアーティストたちが一同に集った、真夏の夜の夢のようなライヴが現実におこなわれてしまったのだ。

 「親鸞ズ」のチラシに曰く──「古楽(12〜18世紀ころのヨーロッパ音楽)を軸に,それぞれ独自の活動をしていたのだけれど、あれれ? どこか似ている?! 自由でワルなミュージシャン3人。お盆の晩に、それぞれのユニット・ソロにより対バンライブを決行! スペシャルなセッションも」。

 この自由でワルな(笑)3人とは、鍵盤楽器演奏者で作曲・編曲・指揮者の武久源造さん、ヴォーカリストの辻康介さん、リコーダー、パーカッション奏者の飯塚直子さんである。それぞれのコンサート/ライヴ活動については、これまでの本記事でもレポートさせていただいたが、たしかにそれぞれまったく独自のかけがえのない音楽世界をもったアーティストばかりだ。じつはたがいに交流もあって、これまでも武久さんの花祭りコンサートに飯塚さんが登場したり、ジョングルール・ボン・ミュジシャンで辻さんと飯塚さんが共演したことなどもあったはずだが、武久さんと辻さんの共演はなんと20年ぶりくらいと聞くし、それぞれのユニットでの(武久さんはソロで、辻さんは4人編成のダ・ネーモーで、飯塚さんはデュオのリズム&バロックで)総勢7名のグレイトなミューシャンが顔を合わせる豪華絢爛なライヴとは、ほんとうに意表をつく企画で筆者はこれを知っていらい、狂喜乱舞の精神状態でこの日を心待ちにしていたのだが、はたして想像をはるかに超えた未踏の音楽体験の一夜であった。

 + + + + + + + + + +

 さて、この3組のステージというと、ハハァ、まず武久さんがソロが最初で演奏して、次にデュオのリズム&バロックが登場して、それからダ・ネーモー、最後に交流セッションという流れなのだろうなと筆者は勝手に思いこんでいたのたが、そんな凡人の想像などは最初からひっくり返ってしまったのだ。ステージがはじまるや7名がぞろぞろと登場(ええっノッケから全員なの?!)。その全員で1曲目に演じられたのが、ダ・ネーモーのバグパイパーの近藤治夫さん作曲の《カーサ・ロサーダ》、ビスメロの定番曲のひとつとしておなじみのエスニカルな傑作インスト・ナンバーだ(蛇足ながら、ダ・ネーモーとは5人でフル編成のビスメロが5人編成以外で演奏するときの別名なのだ)。今回の立岩(パーカッション)、近藤(バグパイプ)、飯塚(パーカッション、リコーダー)、寺村(イタリアン・ヴァージナル)、辻(パーカッション)、武久(ピアノ、キーボード)、福島(ギター)による(以上左から右への配置順)「親鸞ズ」バージョンの《カーサ・ロサーダ》は、いきなりサーカスのクライマックスが来たみたいというか、全員のメチャはじけた音がワッと一挙に炸裂したのだ。なんという破天荒な楽しさ! 筆者にとって最大の注目の武久さん(なぜなら、このような曲の演奏をまだ聴いたことがなかったので)はホンキイ・トンクふうのピアノをノリノリに弾きながら、ときに独自の美しい響きをキラリと放っていた。そしてさらに興が乗ってくると、45度に設置したピアノとキーボードを左右の手で同時に弾くという大業で暴れてくれて、早くも最高! と叫びたくなった。武久さんのピアノは全体の音楽を突き上げるようなスケールの大きなノリのリズムを加えていたが,もちろんリズム隊も負けてはいない。はじめて聴く立岩&飯塚のパーカッション共演は、味のあるキレのよいサウンドで魅了してくれた。とにかく全員が心から楽しんでやっているのが伝わってくるような演奏で、この印象こそ当夜のすべてのパフォーマンスに通底するものであった。

 + + + + + + + + + +

 この演奏のあと、武久御大が「今日は不良古楽奏者もみんなで極楽に行こうネという趣旨のライヴです」といった爆笑トークをして本格的なステージが開始された。

 まず最初は飯塚&寺村の2人がステージに残ってリズム・アンド・バロック(以下R&Bと略記)のステージがスタート(あれぇ、武久さんも残っているぞ!?)。R&Bの演奏はまず、お得意のスパニッシュ・ダンス・チューンの《スパニョレッタ》と《フォリア》。《スパニョレッタ》は飯塚さんのフレーム・ドラム&リコーダーに寺村さんのイタリアン・ヴァージナルという組み合わせだが、例によってすごく歯切れのよく人なつっこい演奏が素敵だった。

 しかしR&Bをたんにルネサンスのダンス・チューンをさわやかに演奏するデュオなどと誤解してはいけない。彼女たちの本領発揮はこれからだった。《フォリア》は「失恋ソング付きバージョン」ということで、なんとイキナリ2人の地声のコーラスによるトラッド・ソングがまず響きわたり、つづく本編は寺村さんのイタリアン・ヴァージナルの重みのあるリズム(この可憐な楽器でこのサウンドはすごい)と飯塚さんのリコーダーのキリリとした自在な演奏が、かなりのフリーな感覚での“崩し”をしながらコッテリと進行していったのだ。後半では飯塚さんのダルブッカも入ってみごとなエンディング。

 じつは先の地声コーラスのときにも、武久さんはひそかにピアノの伴奏を加えていたのだったが、ここで飯塚さんのトークが入って、3曲目からは正式に武久さんを加えたお待ちかねのスペシャル・セッションに突入である。ダリオ・カステッロの《ソナタ》では、歯切れのよいヴァージナルにエモーショナルなリコーダーがからむ展開だったが、これに武久さんの両手弾きのピアノ&キーボードが加わったことで、音楽の幅がぐっと広がった印象だった。リコーダーと可憐な音のピアノの対話も楽しい。そしてニュー・ジャズふうのサウンドの美しいピアノ・ソロが響いて曲を締めくくった。

 続いても3人による演奏でバルトークの《ルーマニア民族舞踏組曲》からの4曲。民族音楽(トラッド)のよき理解者であるこの3人の演奏曲としては願ってもない選曲だ。4曲ともそれぞれ趣向を凝らしたセッションだったが、とくにラストの曲では、武久さんの印象的なピアノをバックにR&Bの2人がふたたび地声のコーラスで歌うオープニングで、ピアノ、ヴァージナル、リコーダーのリズミックなセッションが展開され、さらにクライマックスではスペシャル・ゲストの近藤治夫さんのバグパイプまで登場するというきわめつけの面白さだった。

 そして、R&Bの2人によるシャキッとした演奏のラモーのあとに、ふたたび3人での演奏がおこなわれたのが、《チューニング・ソング》なるR&Bの自作曲。ここでは武久さんはトイ・ピアノでの参加で、R&Bのリコーダー&ヴァージナルとともにかなりフリーでアブストラクトな感覚のセッションを聴かせてくれた。

 そしてキメ曲はやはりトラッドの《グリーン・スリーヴス》。この有名な英国トラッド・ソングじたいは器楽演奏だったが、その前奏曲として別のトラッドの失恋ソングが、武久さんのピアノの伴奏とともにR&Bの2人によって歌われた。暖かいピアノのサウンドと素朴な歌声の取りあわせは独特の味で、間奏ではジャズ的な崩しのピアノ演奏が映える。そして本編の《グリーン・スリーヴス》はリコーダー&ヴァージナルの演奏で、これに武久さんは木彫りの亀の玩具のような面白いパーカッションを取り出して参戦、キレのよいR&Bのデュオ演奏に味わいを加えていた。

 このステージのラストはアンコール的なセットで、場内の当日が誕生日のお客さんにたいして《ハッピー・バースディ》の歌が振舞われて楽しく幕となったが、このような曲では、飯塚さんはパーカションを手にして得意のダンスを披露。そういえば、スペースの関係で彼女ならではのこのパフォーマンスが少なかったことだけが今回の唯一の残念な点だったが、R&Bと武久さんという夢にも想像しなかった共演は、抜群の楽しさとサウンドの多様な可能性を堪能させてくれた。

 + + + + + + + + + +

 つづいては、ダ・ネーモーと武久さんの共演のステージである。ここでは辻さん/ダ・ネーモー(=ビスメロ)のおなじみのレパートリーばかりが繰り広げられたが、その皮切りはカンツォーネの代表曲中の代表曲《帰れソレントへ》。武久さんがピアノで加わったダ・ネーモーの弾けたサウンドをバックにして、辻さんがキリリと締まった歌声で朗々と歌う。天井の低い会場をものともせず、いかにも気持ちよさそうに声が伸びる。この強力な演奏陣をバックに歌う喜びがダイレクトに伝わってきた。

 2曲目は近藤さん作のインスト《カーサ・ドール》。ここではカホン(立岩)、バグパイプ(近藤)、太鼓(辻)、ギター(福島)の編成に、ピアノ&キーボードで武久さんが参加し、まずはホンキイ・トンクふうのピアノで盛り上げる。そして中間部からは最近の福島さんの得意技、エフェクトをかけたアコースティック・ギターによるファズ・サウンドでイカしたソロを展開、これにピアノがからんでいく。そして武久さんはキーボードにチェンジしてバンドとともにジャジーな演奏を繰り広げた。

 今回のダ・ネーモーはビスメロからサックスの鈴木さんが抜けた編成だったが、このキーボードを加えた演奏はふだんのビスメロとはまたひと味違う音ながら、ジャズ的なアドリブ演奏の魅力でもふだんに劣らないサウンドを実現していたのだった。気心の知れた強者たちによるビスメロ(ダ・ネーモー)のバンド・サウンドはきわめて完成度が高く、ゲスト・アーティストが参加するのは容易なことではないだろうと思っていたのだが、やはりさすがは武久さんであった。

 さて3曲目にいたって、いよいよ辻歌謡ならではの日本語によるカンツォーネ《もてもてサラセン人》の登場だ。立岩さんのカホンをバックにした福島さんの印象的なギター・ソロで幕を開けたこの曲では、そのギターのウタに武久さんが味のあるビアノを加えていく。そしてふだん以上にもシアトリカルに力をいれまくった辻さんのコブシの歌唱が響く。「くろーい瞳に、くるくるくせっ毛〜、まるでサラセン、アラーブじんぃぃん〜」うーん、最高っ!

 つづく4曲目は、福島さんのギター・ソロを中心としたインスト曲に始まって、何をしたって人はいずれ死ぬ運命という諦観を歌う《人生のパッサカリア》に続くというオツなメドレー。インスト曲では、まずはクリアで繊細なアコギ・ソロを聴かせ、そして途中からいっきにジャジーなバンド・サウンドに突入した。立岩さんのダルブッカと武久さんのキーボードが競うようにジャジーなリズムを刻んでいき、立岩さんがこんどはフレーム・ドラムを持ち出すや、全面的にフリーな感覚のセッションが始まってしまう。そして、いったん冒頭の美しいギター・ソロのテーマに回帰してから、ふたたびフリーで熱いセッション……。福島さんの絶妙なギター・ソロと武久さんの力強いリズムがとくに印象的な1曲であった。しかし、ジャジーだフリーだなどといっても、こういう曲でも近藤さんの古楽器の笛が大活躍していたのもダ・ネーモーならでは。文字どおり他にないサウンドなのだ。

 ひきつづいてのイタリアの古歌《人生のパッサカリア》では、落ち着いたギター・ソロに始まり、フレーム・ドラム、古楽器の縦笛が加わり、そして原語での歌の登場である。ここではむしろスッキリとした清楚感のある歌唱で内容にふさわしく淡々と諦観に満ちた歌を聴かせてくれた。

 5曲目は日本語の現代詩に曲を付けた《お坊さん》。歌詞も音楽もまさにユニークな小品だ。よく透る歌声でつづられるフシギな歌詞、武久さんはトイ・ピアノでユーモアたっぷりに木魚の音(?)を挿入していた。

 6曲目はまた近藤さんの傑作のエスノ・インスト曲で、バグパイプやタイコを中心としたゆったりとした演奏を聴かせ、武久さんは間奏で印象的なピアノを響かせた。

 そして7曲目はあのモンテヴェルディの作品を軽妙洒脱な日本語の歌にしてしまった辻歌謡の大傑作《恋人はトルコ人》。近藤さんのクロムホルン、立岩さんのダルブッカ、そして福島さんのギターなどが活躍するノリのよい演奏をバックにした辻さんのヴォーカルはまさに痛快!

 そしてこのステージは軽妙なノリのままにシメの定番曲《きれいなねえちゃんよ》(カレスターニの作品に基づくの日本語の歌)になだれこんでいった。全員の弾けた演唱の楽しさはいうまでないが、ここでも間奏部で武久さんがノリノリのピアノ・ソロを演じてくれた。

 + + + + + + + + + +

 休憩後の第3ステージは、ここでガラリと雰囲気を変えて武久さんのソロ演奏。当夜では通常の意味でもっとも古楽らしいステージだったが、その内容は“通常”などではなかった。

 武久さんがまず向かったのはイタリアン・ヴァージナル。これはじつは久保田彰氏制作の楽器なので、最初期の久保田チェンバロの開発から深くかかわっていたという武久さんとの相性は抜群のはずと聴くまえからうれしくなってしまう。当夜の楽器は基本的にはマイクを通していたのだが、ここでは楽器ほんらいの音もいちどは聴いてほしいという意図で、あえてマイク・オフでの演奏だった。演じられたのはダウランドの名高い《涙のパヴァーヌ》、武久さんの名演としても昔からおなじみの曲のひとつである。当夜はじめてオフ・マイクで聴くヴァージナルの音は、はたしてきわめて繊細可憐なサウンドであったが、心地よい響きのなかにハッと目を醒まさせられる鋭利な美しさにあふれる素晴らしい演奏であった。

 2曲目は、こんどは壁際にしつらえてあるアップライト型のモダン・ピアノに向かう(本稿の他のところでたんにピアノと書いたのはこの楽器)。これはカナダのニーマイヤーのピアノだという。これもオフ・マイクの音でシューベルトの即興曲が演奏されたが、静かな音楽ながらスケールが大きくふくよかなサウンドであり、そして武久さんらしい意志の強さも表れた演奏。聴いているうちに自然に異世界につながっていくような感覚さえもおぼえた。

 そうした気分にすっかりひたっていると「でも今日は親鸞ズに戻さなければいけませんから!」とマイクをオン。一転してジャジーなピアノ演奏がスタート、ここで立岩、福島の2人を加えた3人での演奏になった(もちろんこの顔合わせもこれがはじめてのはず)。立岩さんの叩くダルブッカがまるでドラムセットのハイハットのように響いて、さながらピアノ・トリオのような趣のスインギーな演奏が展開されたのだった。それも武久御大によるスキャットまで飛び出す楽しさ! 武久さんの無限の柔軟さと懐の深さにあらためて驚かされたステージであった。

 + + + + + + + + + +

 そして、いよいよクライマックスの「親鸞ズ」のステージ、7名全員の登場である。このステージは武久さんがマザー・グースの日本語訳詩に作曲した曲を中心にしたもので、かねてより書きためておいた作品を辻さんの歌にぴったりと思って持ち出してきたという(曲じたいも東京ではこれが初演という)。

 このマザー・グース特集のまえに、まず当夜のために武久さんが作曲したという《ファイティング・ホワイト・ストーン》が演奏された。この曲は、筆者にとっては死ぬほどうれしくも、ナント! アイリッシュ・ジグふうの曲で力強い三連符の洪水の曲だったが、それをこのグレートな7人が血沸き肉踊る熱い演奏で聴かせてくれた(辻さんのシャウト気味の日本語ヴォーカルまで入る)のだから、一聴昇天の境地にいたってしまった。

 しかしこのステージの本編はこれからだった。まず「かぼちゃ好きの馬鹿な奴という歌」(笑)とのことで、「ピーター、ピーター、かぼちゃが大好きー、結婚したけれど奥さん逃げた〜!」と辻さんが、目いっぱい濃く歌うと武久さんも「俺も大好き〜」と相の手の歌を入れる。すると、すかさず辻さんが「俺は嫌いぃー」と小声で(笑)。そしてこんどは「ピーター、ピーター、再婚したけれど奥さん嫌い〜!」と2人で合唱したあとにすかさず武久さんが「俺は好きだけれど……」とつぶやきを入れる。こんな爆笑ものの掛け合いを、武久さんのリズミックなピアノを核にしたノリノリの演奏に乗せて聴かせてくれたのだ。そのうえ後半はさらにスピード・アップしてパーカッションやバグパイプも大活躍。はては観客に好きなモノをいわせて歌に織りこむといった自由奔放な展開に突入していった。

 続く《チック・タック・ボーン》は真夜中の歌。ポップでキャッチーにバッチリ決まった作品で「鼠が時計に駆け上がる〜チック・タック・ボーン、ボーン」と辻さんのヴォーカルが快調に飛ばすが、リズミックな間奏のピアノを弾きながらなんと武久さんの軽妙なトークも飛び出す。演奏中にトークをやるなんて! しかしこれがまったく流れを邪魔しないどころかみごとに演奏の一部になっていたのだ。たとえば、飯塚&立岩のパーカッション軍団による、お約束の真夜中のユーレイ君たちが出てくる(軍団のひゅーひゅーがコワイ)と、すかさず武久トークが曰く「ホラー小説を読んだりすると、いまでも夜中のトイレに行けないこともあったりして」(笑)……といった具合なのだ。
 明るく楽しい演奏の《あつあつの好きな人》をはさんで、5曲目の《大事な大事な6ペンス》は、ノリノリのくっきりしたピアノのリズムとほのぼのとしたリコーダーがつづる楽しさいっぱいの曲で、ここでも辻〜武久の掛け合いが最高。

 そして次は「なんにもないシリーズ」とのことで、6曲目《なんにも持たない婆さんの歌》と7曲目《奴らの足音のバラード》(これはマザー・グース・ソングではなく、かねてから辻さんが持ち歌としている往年のアニメの主題歌)が続けて演奏された。《婆さんの歌》では、激しい武久さんのピアノをバックに熱唱する辻さんが最高! また近藤さんのバグパイプと武久さんのピアノの組み合わせも新鮮で、あたかもビスメロのサウンドの新たな可能性のひとつをかいま見せてくれたような面白さもあった。寺村さんのヴァージナルのイントロで始まった《奴らの足音》では、そのヴァージナルと、武久さんのトイ・ピアノ&キーボード、そして飯塚さんのパーカションが中心になって、基本的にこの歌にふさわしいしっとりした演奏で酔わせてくれた。もちろん辻さんのヴォーカルも味わいたっぷり。

 続いてはふたたびマザー・グースからのフシギな歌、《そうできるならそうしたい》。ピアノやパーカョションがニュアンスいっぱいのサウンドを奏でるなかで辻さんが《そうできるんなら,そうしたいー》と朗々と歌うや、「できません〜」「早くやれ!」といった武久さんの合いの手が飛ぶ。こうした武久〜辻の当意即妙の掛け合いは、これだけでもみごとな瞬間芸となっていたし、ともかく当夜のマザー・グース・ソングは類のないオモシロ音楽の極致であったのだ。

 ラストの9曲目は会場からアンコール曲の希望をつのって決められた《チック・タック》と、福島さん作のインスト曲《流れ》、そして当夜の冒頭にも演奏された近藤さん作のインスト曲《カーサ・ロサーダ》がメドレーで演奏された。《チック・タック》はこんどはトークはなしでの演奏。歯切れのよい歌唱と小気味よいノリの演奏が素晴らしい。《流れ》では、例の亀型のパーカションをこんどは立岩さんが叩き、辻さんもパーカションで参加。曲は静粛に始まって、途中からノリノリのリズムになり、武久さんはまたピアノ&キーボード両手弾きで熱演してくれた。《カーサ・ロサーダ》は例によってバグパイプによるおなじみのテーマでスタート。みなすごくよいノリで、福島さんのワウワウ・ギターも活躍、こうして全員の熱い演奏の炸裂するまま幕となった。

 + + + + + + + + + +

 休憩を含めて3時間を越える長丁場のコンサートだったが、聴き終えても、まだまだ聴きたいというのがホンネである。このような意表をついた顔合わせのステージが実現するまでにはさまざまな困難もあったにちがいないが、全員の底なしの柔軟さと、たがいの音楽へのリスペクトの念があったからこそ、グレートな7名の合計をもはるかに超えた音楽を聴かせてくれたのだろう。自由な反逆精神の炸裂した楽しすぎる音楽。

 当夜は満員の盛況だったが、この奇跡の音楽が一夜の宴で終ってしまうのはあまりにもったいない、願わくばもっと多くのリスナーにも聴いてほしいなぁと思っていると、うれしいことに、今後もこのような機会をもうけたいとの武久さんのシメの言葉があった。今回、聴きのがした向きも次回こそはぜひ! 自由でワルなアーティストたちをみなでもっともっと熱く応援しようではありませんか!!

[白石和良]

|

« 古楽特派員テラニシ016|バッハフェスト2009(ライプツィヒ) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」044──アントネッロ[2009/09/05] »

コメント

山川さま

素敵な情報をありがとうございます!
武久さんならではの創造力が炸裂した新作『バッハ meets  ジルバーマン・ピアノ』は、感性と知性の両方を最高に刺激してくれるCDで、文字通り今年の必聴作のひとつと私も確信しております!

投稿: うぉーろっく | 2009/08/31 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29830/46015449

この記事へのトラックバック一覧です: 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」043──親鸞ズ[2009/08/14]:

» 放送予定 [鍵盤楽器奏者・武久源造と山川節子の活動記]
※8月発売の「バッハ meets  ジルバーマン・ピアノ」のCDが、  レコード芸術誌で特薦版となりました!  CD評がこちらの心を揺るがすほど熱くて、  録音評も高得点でしたよ。  とても嬉しく思っております。... [続きを読む]

受信: 2009/08/29 09:53

» 放送予定 [鍵盤楽器奏者・武久源造と山川節子の活動記]
※8月発売の「バッハ meets  ジルバーマン・ピアノ」のCDが、  レコード芸術誌で特薦版となりました!  CD評がこちらの心を揺るがすほど熱くて、  録音評も高得点でしたよ。  とても嬉しく思っております。... [続きを読む]

受信: 2009/08/29 09:57

« 古楽特派員テラニシ016|バッハフェスト2009(ライプツィヒ) | トップページ | 白石和良の「闘う古楽&トラッド乱聴記」044──アントネッロ[2009/09/05] »